無駄のないあがき

日々に疲れている全ての人類に癒しを

それは脱毛という名の方舟

脱毛 フリー画像 に対する画像結果

 

正月早々、私のスマホの下の方にとある広告が現れた。

 

「メンズ!!脱毛!!!!いまなら!!!500円!!!」

 

正しい文面は記憶にないが、テンションと内容はこんな感じであった気がする。お年玉が貰えない正月の存在意義に苦悩していた私は、気を紛らわせるために500円ならまあという軽い気持ちで鼻毛を抜きながら申し込んだ。

 

決して髭にコンプレックスがあるわけではない。

単純なる好奇心である。脱毛がもたらす悦びを疑似体験できれば、そのような軽い気持ちで私はエステに訪れた。

 

受付をすますと待合室に通された。目の前にはモニターが一台あり、芸人のペナルティが映っている。

 

「うわ、毛濃!気持ち悪!」

 

体毛が濃いワッキーの方が、ヒデに毛が濃いという身体的特徴をディスられ、その話の流れからワッキーを脱毛をさせるというストーリーである。

最終的にワッキーはツルツルになってどこか自信に満ち溢れたオーラを醸し出すみたいな流れになっているのだが、問題はこれが延々とリピートされるとこにある。

 

ワッキー毛が濃い→毛が濃いのはキモいモテない→脱毛→輝く

 

この起承転結が永久にループされる。待合室にいる人たちは特にやることがないのでモニターを見続ける。モニターを見続けた結果、毛が濃いのはビジュアル的にマズいということが脳内に刷り込まれ、個人差はあるが「ああ、毛が濃い人間は人間失格なんや」という気持ちになるのだ。

 

そんなことは決してない、決してないのではあるがモニターをみつつ、無意識に自分の腕の毛を確認してしまう。あごヒゲを撫でる。そして待合室の人々の中で謎の連帯感が生まれる。

 

「私たちは脱毛と言う名の希望の船に乗れている」

 

私たちは同志だ、ともに脱毛の方舟で新世界へ漕ぎ出そう。

横目で仲間たちの体毛を確認しつつ、心はそのような感情で満たされる。毛を抜くという共通の目標を掲げ今日この瞬間この場に集った私たちは絆で結ばれた。あごひげの松田があごを撫で、腕毛の権藤が腕毛をなびかせている。あと数分後にはあごひげの松田はツルツルの松田に、腕毛の権藤はツルツルの権藤になるのだ。無毛地帯だ。One for All, 無毛 is party tonightだ。

 

ちなみにほく毛にレーザーはあてられないぽいので、ほく毛の私はほく毛の私のままである。

 

松田が呼ばれた。「行ってこい」私は心の中でエールを送る。権藤も呼ばれた。権藤の腕毛が見られるのも今日が最後かもしれない。「ツルツルになってこい」隣の耳毛の山本が呟いた。

 

「岡安さんどうぞ」

 

ついに私が呼ばれた。高まる鼓動、はじけるほく毛。はやる気持ちを押さえ、私は通された小部屋の椅子に腰を下ろした。

 

「こんにちは、本日担当させていただきます島森です。」

 

よく見ると島森はツルツルだった。

「私も昔、ひげ脱毛したんですよ。」島森は言った。

そう、島森は遥か昔に希望の船に乗っていた生き残りであった。

 

「年を重ねると毛が濃くなるんで今のうちに脱毛した方がいいですよ」

 

脱毛に年齢制限はない。しかしながら、若いうちに手を打たないと希望の船に乗り遅れてしまうということを暗示している。

 

「とりあえずモニターで毛をみてみましょうか。」

島森が謎の装置を持ってきた。自分の毛の状態を拡大してモニターで見れるらしい。これは、この装置は島森が開発したのか?その問いに島森は答えず、私のあごひげの拡大画像をモニターに映した。

 

「シンプルにグロい」私は思った。

モニターに映っていたのは、密集するひじきの集団。

所狭しと並んでいる。肌に髭が生えているというより、髭に肌が生えているという表現が正しい。画面がひじきでブラックアウトしていた。

 

「こう見るとすごいですよね。そんなに濃くないようにみえても・・・」島森が畳み掛ける。私の脳裏に「ああ、毛が濃い人間は人間失格なんや」という感情が再度湧き上がる。

 

それでは実際に脱毛していきましょう、と島森に連れられ、ベッドに寝かされた。目にガーゼのような物を掛けられ、視界が真っ暗になる。先程の所狭しひじきを思い出す。

 

松田はそろそろツルツルになっただろうか、そう思ったとき毛を一本抜かれた。想像していたよりは痛くない、希望の船に乗る代償はお金とほんの少しの痛みだけであった。

 

100本ほど抜かれただろうか、施術が終わった。

少し顎がジンジンする。ジェルを塗られしばらく放置された後、また私は小部屋に戻った。

 

これが脱毛後の写真です、そういって島森がわたしの顎の写真を出してきた。そこにひじきはなかった。あるのはツルツルになった私のあごだけが映っていた。島森が畳み掛ける。「これを定期的にしていけば数か月で・・・」

 

気づいたら私は契約の判子を押していた。体験コースにとどまらず定期的に抜くやつである。島森は言った。

「これから宜しくお願いしますね。」

 

待合室に戻るとツルツルの松田とツルツルの権藤がいた。

松田と権藤は心なしか輝いているように見えた。

「お疲れさま」と私は呟いた。

 

モニターではまたワッキーがヒデに「毛濃!気持ち悪!」とイジられている。眉毛つながりの川島とほほ毛の谷村が食い入るように画面を見ている。

 

 

 

耳毛の山本はまだ戻ってきていない。

 

 

 

わたしはサロンを後にした。