無駄のないあがき

日々に疲れている全ての人類に癒しを

サイゼリヤという名のサンクチュアリ

f:id:poltadayo:20180504214818j:plain

 

 

皆様は”サイゼリヤ”をご存知だろうか。

 

失礼、愚問だったかもしれない。

衆知の事実ではあると思うが、サイゼリヤとは日本が誇るイタリアンファミリーレストランチェーンである。ちなみにサイゼリアではなくて、ザイゼリヤである。この間違いを犯すことはサイゼリヤ信者からすると、信者の目の前で神を侮辱し、聖書を破り捨てる並みの行為であるので細心の注意を払ってほしい。

 

そう。何を隠そう、私はサイゼリヤが大好きだ。まず、あの雰囲気がいい。

中高生でも気軽に入れるような雰囲気である一方、真実の口を模したモニュメントやダヴィンチが描いたっぽい絵画などの装飾によって、イタリアのお洒落な雰囲気がファミレスという枠の中で最大限に再現されている。時に自らが日本にいるのを忘れ、ミラノ風ドリアを頬張って「ボーノ」と呟き、マルゲリータピザではなく「マルゲリータピッッツァ下さい」と注文してしまうぐらいのイタリア感だ。

 

また、値段も手軽で値段の割にはそこそこ美味しいものが食べられる。

サイゼリヤが誇る看板メニュー「ミラノ風ドリア」なんて、わずか299円(税込)である。299円?????考えられない。アンビリーバボーだ。500円(税込)は少なくとも払ってもいいと思える味だ。

 

ミラノ風ドリアは日本のファミレスが提供する食事の中で最もコストパフォーマンスが高い、と言っても過言ではない。ちなみにこのメニュー「みらのふうドリア」と読むのであるが、「オレ、みらのかぜドリアにしようかな」という1ミリも面白くないゼリヤ小ボケを挟むのがサイゼ通の嗜み方であるので、是非とも覚えて帰って欲しい。

 

ちなみにドリンクも充実している。200円ぐらい払えばドリンクバーを頼むことができ、メロンソーダ、白ぶどうサイダー等のソフトドリンク界の一軍はもちろんのこと、コーヒーや紅茶なども好きなだけ飲むことが可能である。好きなだけ飲むことができるので、たちの悪い中高生はドリンクバーだけで延々と居座り続ける。サイゼリヤを愛し、サイゼリヤの経営を見守る私としては、彼らに「回転率」という概念を鼻から注いでやりたい。

 

ちなみにたちの悪い小学生はドリンクバーで色々な飲み物を混ぜて謎の濁った緑の液体を作り、誰かに飲ませるという遊びをする。あれは本当に許せない。サイゼリヤが醸し出す小イタリアの雰囲気を命を賭けて守りたい私からすると、憤りを禁じ得ない愚行である。彼らには「むやみに混ぜるのは納豆だけにしときな」とイタリア語で囁いてあげたい。

 

しかし今日サイゼリヤに行って驚いたのだが、ドリンクバーの機械に「美味しい混ぜ方レシピ」みたいなものが表示してあった。内容としては、オレンジスカッシュと白ぶどうサワーを2:1の割合で混ぜて、レモンなんたらを数滴溶かせばこんなに美味いドリンクが作れます、みたいな感じである。これは革命だ。

 

小学生の混ぜるという行為を止めさせるのではなく、それを逆に美味しい飲み方ができるように導くことで、店側と小学生の間でWin-WInの関係を築いているのだ。サイゼリヤはイタリアンな雰囲気を守ることができ、小学生はドリンクを混ぜて楽しみかつ美味いドリンクを飲める。

 

これを革命と呼ばずに何と呼ぼうか。

 

そこにはドリンクバーを基盤としたイノベーションが生じている。

 

ドリンクバーで飲み物を作っていた私は、思いがけない発見に胸が打ち震えるほどに感動し、感涙した。

 

 

コーラとメロンソーダとウーロン茶に涙が混ざった私のドリンクは、濁った緑色をしていた。

 

 

 

 

 

 

私はそれをグッと一息に飲み干す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の喉を伝って、胃袋へと流れ込んでいく深く濁った緑の液体。

 

 

 

 

 

 

まずい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、この世の物とは思えないほどの味がした。

 

 

 

 

 

 

皆さん、むやみに混ぜるのは納豆だけにしましょう。