無駄のないあがき

日々に疲れている全ての人類に癒しを

絶対音感に対する憧憬の念から生まれた絶対○感についての考察

f:id:poltadayo:20180511223656j:plain

 

 

絶対音感ってめちゃめちゃカッコいい。

 

音を聞いただけで「レ」とか「ファ」とか音階を一瞬にして理解、古今東西神羅万象全てのこの世に存在する音を「ド」とか「ラ」に置き換えることができるのだ。

 

神は何という能力を彼らに授けてしまったのか。

絶対音感を授かった人々によると、音自体がもう「ドー」と文字として聞こえるらしい。私には全く聞こえない。

 

なぜ?どうして?と必死の形相で問いかける私に対して、「そうとしか聞こえないから」と彼ら彼女たちは一蹴する。

 

回答になってないことに私は苛立ち、「ア″ア″ア″ア″ア″ア″アanananbgoanoふjimfoan?」と奇声をあげるのだが、恐らく彼ら彼女たちには「ドレミファソラシド〜ミソミソミソ〜ラ#〜」と聞こえているのだろう。余計に腹立たしい。

 

ちなみに唯一の対抗策として、「ドーはドーナッツのドー」のメロディーで「ファーはファイトのファー」と歌うと、「ドの音なのにファ???気持ち悪い」となって耳を押さえてのたうち回るのでオススメだ。ぜひお試しあれ。

 

とまあ絶対音感に対する憧憬の念がすんごいんだが、

この絶対音感に勝てるような絶対〇〇感を必死に考えていきたい。

 

 

 

「絶対臭い感」

 

 

 

臭いを嗅いだだけでそれが何の臭いか当てることができるのだ。

 

「これは冷蔵庫に入れっぱなしにしていた消しゴムの臭いです。」

「クンクン、、なるほどこれは上履きにこびり付いたガムの臭いです。」

「ああ、3年間洗ってない水槽の中でおっさんが一回泳いだ後の臭いね」

「ふむ、これはコーヒーを飲んで、一回うがいして、もう一回コーヒーを飲んだおっさんの口の臭いです。」

 

この世に存在し得る臭いであれば瞬時にその臭いの元について回答することができる。まさに犬以上の嗅覚を持った超人と言えよう。何故一度うがいをしたのかというおっさんの不可解な行動まで嗅覚で読み取るとは鼻の穴の中が異常発達しているとしか思えません。

 

 

「絶対ボールペンのノック音感」

 

 

これは絶対音感に似ている。

どういう能力かというと、ボールペンのカチッカチッというノック音で、ボールペンの商品名を当てることができる。

 

「カチッカチッ」

「これは、三菱鉛筆のジェットストリームですね。」

「カチッカチッ」

「パイロット フリクションボール3 05 ブラック P-LKFB60EF-B。余裕です。」

「カチッカチッ」

「ボールペンの音じゃないですね。ボールペンの音ではないことだけは分かります。」

「カチッカチッ」

「EKMATTRA [スポンサー プロダクト]EK キラキラペンULKA シルバー ラインストーン 替え芯1本付き」

 

すごい。途中、トラップで鳴らしたカスタネットの音も瞬時にボールペンのノック音でないと瞬時に認識、回答している。

 

 

しかしながら、どこか童貞臭がすることも否めない。モテるかモテないかで言ったらモテないにカテゴライズされる能力である。大体、何の役にも立たないし、文房具屋デートとか連れてかれそうで凄い嫌だ。

 

 

「絶対トーナメント表感」

 

 

これはかなり凄い能力だ。トーナメント表の一部を見ただけで、それが何の大会の何回戦で誰と誰が戦ってどっちが勝ったのか等を瞬時に回答できる。

 

f:id:poltadayo:20180511215506j:plain

 

「第98回全国高等学校野球選手権大会群馬大会一回戦 前橋VS伊勢崎商。前橋が勝利ですね。」

 

 

f:id:poltadayo:20180511215945j:plain

 

「Rー1グランプリ2015 決勝トーナメントCグループ じゅんいちダビットソンが勝利しました。」

 

 

 

f:id:poltadayo:20180511220609j:plain

 

 

「第15回北海道セパタクロー選手権大会一回戦です。RAPORA対阿蹴舞はRAPORAが勝利しました。」

 

とまあこのように、トーナメントの一部を見ただけで即答可能なのである。これが絶対トーナメント表感だ。胸をはって何の役にも立たないと言えるがこれはかなりモテる。

多分適当なトーナメント表を作ってそいつに見せたとしても、フッ、こんな大会ないよ、と笑って「僕とのデートのシード権獲得おめでとう」と言ってくる。「え、嬉しい、でも緊張しちゃう」と言っても彼は「敗者復活もあるよ、だから心配しないで」と肩を抱き寄せてくるだろう。これは一発KOだ。

 

是非とも獲得したい能力である。

 

 

あとは、

 

「絶対ケツアゴ感」や「絶対四大文明感」も良い。

 

「絶対ケツアゴ感」はケツアゴを触っただけで誰のケツアゴでいつ割れ始めたのかを当てることができ、「絶対四大文明感」はなんか土器のかけらとか洞窟に描かれた文字を見せるだけで「メソポタミア文明!」と当てることができる能力だ。全然モテなさそう。

 

いつの間にかモテるかモテないかについて焦点を当てる話になってしまいましたが、

ぜひ皆さんも絶対〇感について、今宵思いを馳せてみては如何でしょうか。

 

私は寝ます。